銀座・吉祥寺でおすすめの医療脱毛

医療脱毛を選択するときに注意点

エステは医療の側からかなり敵視されました。

そのため存続をかけて、消費者に対して、トラブル解決や利便性に追及のために、質の高いサービスを一般社団法人日本エステティック協会がけん引して行ってきたもの確かです。例えば長期契約をしていたエステが契約を完了させる前につぶれてしまった場合、その消費者に代替えサービスを提供するなどが見られます。また消費者保護の観点から、クーリングオフが適用されたり、契約解除や中途解約なども、それなりに手立てg田打ちやすくなっています。対エステの場合には、消費者も消費者保護といった面から、かなり守られています。しかし医療機関は違います。医療脱毛も医療行為の一環ですので、そこで取り交わされる契約は医療契約です。

医療契約にはクーリングオフも適用されませんし、契約解除や中途解約に応じないといった姿勢であっても、決しておかしくはありません。公益社団法人日本美容医療協会もありますが、これは「対患者」への姿勢が色濃く、「消費者」へ向けた働きかけは余り感じられないものです。また無資格で医療行為を行うものへの注意喚起が中心ではないかとみられる節もあります。契約していた病院がつぶれたとしても、それにたいする十分な救済処置は用意されていません。医療脱毛については、このように消費者本人の自己責任の部分も過分にあります。医療脱毛はエステの脱毛と比べ、かなりの効果が得られるとされています。医療行為によるアフターケアも安心感があります。しかし「どこの病院を選ぶか」については慎重に選択しなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *