乾燥肌や敏感肌の人には医療レーザー脱毛がおすすめ

ムダ毛の自己処理で肌が赤くなったり、かゆくなったりしてしまう敏感肌や乾燥肌の人には、医療レーザー脱毛をおすすめします。

カミソリやシェーバーでムダ毛を剃ると、肌の表面にある角質層が傷つき、めくれたりはがれてしまったりすることがあります。肌が弱い人は、もともと肌に備わっている自分自身を守る働きのバリア機能が低下していることが多いのですが、カミソリやシェーバーでムダ毛を剃ることによって、角質層がさらに薄くなってしまうため内部に蓄えている水分が蒸発しやすくなり、肌本来の機能が低下したり、炎症を起こしてトラブルになってしまうのです。

乾燥肌や敏感肌の人は、ムダ毛を剃る自己処理をするよりも、医療レーザー脱毛でムダ毛が生えてこなくなり自己処理をした方が肌のためにはよいと言われています。医療レーザー脱毛は、黒い色としか反応しないという性質があるため、肌の他の部分には悪影響が無く、安全性が高い方法なので肌が弱い人でも受けることができます。

医師が一人一人の肌や毛の質、体調や体質などを診察した上で、脱毛に使う光の種類や強さを選んでくれるので安心です。脱毛をすることで、肌が炎症を起こしてしまうなどのトラブルがあった場合でも、医師がすぐに診察と適切な処置を行ってくれることも、乾燥肌や敏感肌など肌が弱い人に医療レーザー脱毛が向いている点です。軟膏などの薬をすぐに処方してもらうことができたり、スキンケアのアドバイスを受けることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *